大きくても輪郭のない音 VS 小さくてもくっきりした音

今回は大きくても輪郭がないボワ~とした音より、小さくてもピリッとした輪郭のある音で弾いて下さい というお話です。

 

さて、チェロを始めたばかりの皆さん!チェロの練習って、まさに「一難去ってまた一難」。小さな小さな「できない→できた」の積み重ね、ですね。(だから大人には面白い!!)

 

そんな初心者の皆さんの中に、「もっとしっかり大きな音で響かせたい」と思って、ついつい弓を弦にグイっと押し付けて力任せにこすっている方はおられませんか。特に、「f(フォルテ)」なんて、楽譜に書いてあったら「とにかく大きい音を出すこと」に気を取られがちです。

 

続きを読む

休符が書かれていないのに、音が切れて聞えてもいいんですか

四分音符の練習をしているときに、ふと、こんなことを思ったことはありませんか。

 

休符が書かれてないのに,こんなに音が切れててもいいのか」と、どこかで疑問に思っていませんか。

 

だから「音にアタマを付けること」(管楽器で言うところのタンギングをつけること)の練習をやっぱりどこかでなんとなく疑問に思い、クッキリした音を出すことをためらっていませんか。

 

さて、皆さんが薄々気づいていらっしゃるように、「弓を切って」ダウン→アップ→ダウン→アップと一音一音、音をスッキリ立ち上げながら(管楽器奏法のタンギングをつけるように)弓の方向を変えて弾くと、次のイラストのように音が切れて聞こえます。

続きを読む

初めて習う「四分音符」の練習のしかた

初心者の皆さんが最初に習う「四分音符の開放弦」の音のイメージについて、2018-08-16から連続5回にわたってお話ししてきました。こちら>>

 

ところが、生徒さんから「とはいうもの、先生。。管楽器のような、タンギングを付けたような弾き方だと音と音の間に隙間ができてしまいます。楽譜には休符が書かれていないのに、音と音との間に隙間ができていいんですか。」というご質問がありました。

続きを読む

リニアモーターカー型ボーイングとは?

前回は「飛行機型ボーイング」(「弓を飛ばす」という奏法で使うボーイング)を絵でご紹介しました。こちら>

 

今回は、四分音符を初めて練習しようとしている皆さんにまず覚えていただきたい弓の動き。次の「リニアモーターカー」の動きです。

 

止まっているリニアモーターカーは、動き出したあと、十分スピードが出ると車体が浮き上がります。浮くと軌道との摩擦が無くなるのでスピードが増します。そして止まるとまた地面に着きます。この時のリニアモーターカーが「弓」、灰色の軌道が「弦」です。

 

初心者の方が初めて習う「ゆっくりで連続した四分音符」はこちらの弓使いで弾きます。こちらは管楽器の奏法と同じ「タンギングを使った・音の立ち上がりがくっきりした」音です。 

 

  ------------------------------------------------------

この弾き方の特徴は:

1. リニアモーターカーは、止まっているときには地球の引力で地面に張り付いています。

⇒ 音を出す前に弓が弦を、その弦に適した深さでつかんでいます。=音を出す前にすでに、弓がその弦に適した圧力をかけています。(前回の飛行機型ボーイングでは、弓が弦に接したその瞬間はまだ圧力をかけていません。音を出していきながら徐々に弦に圧力をかけていきます) 

 

2. リニアモーターカーは、走っている間はずっとその重さが地面に伝わり、十分スピードがでてくると浮き上がりさらにスピードが増します。

⇒ 弦が振動を始め、音の芯が十分に鳴るまでは弓で弦に程度な圧力をかけ続け、その後、弓を少し浮かし流すように動かすことで音の芯の周りに響きを作ります。

 

3. リニアモーターカーは、止まると地球の引力に引っ張られるように地面に張り付きます。

⇒ 弓は、磁石に引っ付くように弦に張り付き止まります。この張り付く時の圧力は 1.のスタート時と同じ、それぞれの弦に最適な圧力です。(細い弦はより弱く=より浅く、太い弦はより強く=より深く)

  

ではここで、もう一度リニアモーターカーの絵を見ながら弓の動きを見てみましょう。尚、この絵のリニアモーターカーの動きは、「奏者から見たダウン弓」が弦を震動させている様子です。

 

(説明文の番号は絵の中の番号に対応しています)  

続きを読む

飛行機型ボーイングとは?

前回は「飛行機」と「リニアモーターカー」の絵を使って「初心者の音の出し方には大きく2種類あります」とご紹介しました。こちら>>

 

では今回は「飛行機型」の方をもう少し詳しく見ていきましょう。

冒頭の絵は、飛行機が滑走路に向かって高度を下げていき、滑走路をしばらく走った後にまた離陸していくようすです。飛行機が「弓」、滑走路が「弦」です。

しかし、こちらは残念ながら、初心者の方が初めて習う「ゆっくりで連続した四分音符」としては適さない「タンギングのない・音の立ち上がりがぼやけた」音です。  

 

続きを読む

リニアモーターカー型と飛行機型:2つの異なる弓使い

 

前回はくっきりとした音とはどんなものか、音のイメージを絵で見ていただきました。こちら>>

 

今回は、くっきりとした音を出すときの弓の動き、右手のチカラの入れぐあいのイメージを絵で見ていただこうと思います。

 

今回の絵は、「飛行機の離着陸」と「走り出すと浮き上がるリニアモーターカー」です。

  

続きを読む

くっきりした音のイメージとは?

前回は、「チェロを弾く練習を始めたばかりの方にまず目指していただきたい音は、柔らかな優しい音ではなくて、すっきり立ち上がるくっきりした音です」というお話をしました。こちら>>

 

今回はそのくっきりとした音のイメージを目で見ていただこうと思います。冒頭の絵はそれぞれよくある、2種類の音のイメージです。ひとつづつ解説していきますね。

続きを読む

初めてボウイングの練習をするときは

今回のテクニックは、弓を持ってチェロの練習を始めたばかりの「超初心者」の皆さんの初めての音作り、そしてまた弦楽合奏などのアンサンブルを楽しんでおられる経験者の方が、リズムを刻むように弾く時にも必要なテクニックです。

 

チェロを始めたばかりの方が何とか弓を持てるようになったら、次はD線の開放弦を四分音符で弾く練習が始まります。皆が苦労する「弓の端から端までを使って、真っすぐ弓を動かす練習」はまだまだもっと先。ここでは先ず、スキっと立ち上がるポスターカラーのようなくっきりした音を目指しましょう。

続きを読む

C線のハイポジションがきれいに鳴りません。

「C線のハイポジションで、「ボウワウ」と、しまりのない芯のない音が出てくるのです。もちろんウルフではありません。弓の圧力、スピード、左手指の押え圧など色々替えてみるのですがうまくいきません」というお悩みが寄せられました。

 

Ⅽ線はそれでなくても発音しにくいのに、その上にハイポジションとなるとさらにむずかしいものです。でも、ハイポジションを弾くようになるとこれは避けて通れないですね。ではこんなときどうすればいいでしょうね。

続きを読む

ハイポジションでも下を向かないで

ハイポジションって、つい指板の上の指を見てしまいますよね。指を置くところにバッチリ目印のシールを貼ってあるかたはもちろん、貼ってないかたも見てしまいません?

でも、ここには落とし穴が。。。

ファーストポジションなら「いい姿勢」で弾けていても、ハイポジションになると背中が丸くなってしまうかたが多いようです。そうなると、姿勢が悪いために、力を入れても楽器が鳴ってくれません。

続きを読む

もっとカッコイイ音で弾きたい(その2 今、弦のどこを弾いていますか)

 

前回は遠くに音を飛ばす事ができる「耳」についてお話ししました。>>こちら

 

今回は「弦のどこを弓で弾いているか意識する」がテーマです。

弓が擦っている弦の場所に気をつけると、音質がとっても良くなります。

 

続きを読む

メロディを、もっとカッコイイ音で弾きたい(その1.  自分の音が飛んでいくその先を聴きましょう))

 アンサンブルのチェロパート。曲も終盤にさしかかりやっと出てきたチェロのメロディライン。ここぞという時にとっておきのカッコイイ音で弾きたい。

 

でも、なかなかこれが思うようにはいきません。頑張って大きな音で弾いているのに指揮者や他のパートのひとから「チェロ、音が小さい」とか「私たちはこれ以上伴奏の音を小さくできません」とか言われてしまいます。

 

今回は「音量と音質」をレベルアップしたい方へのアドバイスです。

 

 

 

続きを読む

もっと大きな音を出したい もっとアクセントをつけたい

 楽譜にアクセントや ff などが書いてあり、とても大きな圧力を持続的にまたは瞬間的に弓にかけたいときがありますね。低音の魅力いっぱいのメロディを弾くときも弦に大きなチカラをかけ続けることが必要です。

 

もともと腕力に自信のあるかただけでなく、指や腕にさほどチカラのないかたにでもカッコイイ、太い、パワーのある音が出せる方法があります。

ちょっとした体の使い方なんですが、これができるとびっくりするぐらいすぐに音が変わります。ぜひこの方法をお試しください。

 

続きを読む

肩に力を入れないで弓に圧力をかける?!(その1 弦の上で腕立て伏せ)

 

肩に力を入れないで弓に圧力をかける?!

 

難しいんですよね、これが。。。

特に弓先を使っているときに「f(フォルテ)」なんていう指示が書いてあると大きな音を出そうとしてついつい頑張ってしまいます。「肩にチカラを入れるな」と言われても「チカラの抜き方」が難しいですね。

 

今回はこのお悩みを取り上げます。でも、いつもとはちょっと違ったアプローチをしてみましょう。「チカラをどうやって抜くか」ではなく、「弓に圧力をかけているけれども、肩にはチカラが入っていない状態とはいったいどんな感じなのか」を一度体験してみましょうというのが今回のテーマです。

 

 

続きを読む

「たった一つの音」これをきれいに弾きたい

 

「たった一つの音」これをきれいに弾きたい

 

先日ピアノを弾く友人が私に言いました。

「チェロって1つ1つの音を作り込むんですね。ピアノも音色を変えためにタッチを工夫しますが、チェロを弾いているのを見ていると「たった一つの音」を作り出すためのエネルギーが違いますね。」

 

 

続きを読む

G線ってD線より重いです。ちゃんと弾き分けていますか。(その2. G線を弾く時は、D線を弾く時は、)

 

前回は、D線とG線の手触りの違いについてお話ししました。移弦する時にはその違いを弓を持つ指で感じてくださいということでしたね。こちら>>

 

今回はそれぞれの弦の弾き方の違いを、弦ごとにもう一度おさらいしてみましょう。

 

G線を弾く時は

 

1. G線特有の、深く広い面積の溝に「弓全体」でどっしりと着地する。(=弦を深いところで掴む)

 

ここでは「弓全体」というところがミソです。

続きを読む

G線ってD線より重いです。ちゃんと弾き分けていますか。(その1. D線とG線の手触りの違いって?)

 

チェロを始めたらたいていD線から習いますね。

 

弓の持ち方に馴れ、D線が弾けるようになるといよいよ次の弦、G線です。

 

その時ぜひ、D線とG線の手触りの違いをしっかり感じ分けてくださいね。

 

教則本でもなかなかこのことについて触れていないのでうっかりすると、G線もD線と同じように弓を動かしてしまいがちです。でも、この2本の弦の手触りの違いを意識して弾くと、どちらの弦もとってもきれいに響かせることができます。

 

続きを読む

いま弾いた音が前に飛んでいくのが見えますか

 「いま弾いた音が前に飛んでいくのが見えますか」って、そんなの見えませんよね、本当は。でも、それをイメージしてみてください。

 

あなたのチェロの音がBGMになる 座禅・瞑想・イメージトレーニング です。目の前の楽譜を弾くことだけに気をとられて、ガチガチに固まってしまった心と体が開放されて、あなたのチェロの音が 必ず変わります。 

続きを読む

それでもフラジオレットの音が すっきりきれいに鳴りません

 前回、このお悩みに対して

右手の指先に伝わってくる感触に気をつけてみてください (こちら)

 とお伝えしたところ、それでも やっぱり うまくいきません。

というお問い合わせがありました。

 

「私も同じだわ」と思われる方は、ぜひ次のことをお試しください。

 

 実験: 

続きを読む

フラジオレットの音がきれいに鳴りません。音程も定まりません。。」

 まだ5度の音程を聞き分けるのが難しいビギナーの方にも比較的簡単にチューニングができる方法として、「フラジオレット」を使った、同じ音程の音2つを比べる方法をご紹介しました。こちら>>

 

でも、フラジオレットの音がきれいに鳴りません。音程も定まりません。。」というご質問が寄せられました。

フラジオレットとは 左指で弦を指板まで押し下げずに、弦に触れただけで音程を作り出す奏法です。

 

弦を指板まで押し下げる普通の奏法の場合、1mmでも押さえるポイントがずれただけで音程がはっきり違ってきますが、フラジオレットの奏法ではそうはっきりとは差がでません。 

続きを読む

2本の弦をダブルできれいに弾きましょう(開放弦を使ったチューニング)

さぁ、いよいよ開放弦を使ったかっこいいチューニングにトライしていきましょう。

 

開放弦を使ってチューニングするときに みんながぶつかる「第一の壁」が「2本の弦をきれいにダブルで弾く」ということですがダブルで弾くのは意外とビギナーには難しいんです。でも。。これにはちょっとしたコツがあります。

今日はそれをご紹介します。

続きを読む